■ 健康一番メインメニュー
■ 話題のアイテム
■ 桂の旅行・アウトドア体験記
北へ!南へ!東へ!西へ!
旅行記やアウトドア体験記を
おかおもしろく?掲載中!!


東西南北見聞録
■ 沖縄で健康生活?!
癒しの沖縄で働く・・・
沖縄でのお仕事探しは、
サポートラインにおまかせ!↓


サポートライン
うぇブログ - 桂 宏保さんのエントリ
 桂 宏保さんのエントリ配信

2006/05/30
水の循環利用

執筆者: 桂 宏保 (1:26 pm)
日本水大賞と言うのが有るそうですが・・・、知りませんでした。

今年で8回目のこの「日本水大賞」は、

「おいしくきれいで、安心・安全な水の保全や育成に貢献した

活動をした団体・個人を表彰するもの」 だそうです。

各省庁の大臣賞などもあり、

広い視点で、個人や団体の活動を後押ししているようです。

その中で目に止まったのが、シャープの液晶工場が受賞した

経済産業大臣賞。



製造工程で一日に1万3000トンもの大量の水を必要とする

この工場は、内陸部にあることで水の確保が難しい上に、

下流域の生活を考えると、製造工程で使用された化学薬品を含む

”水”を外に出す事は出来ないと考え、なんと排水の100%を

再利用するという循環システムを作り上げてしまったのだそうです。

現在建設中の第二工場と合わせると1日5万トンにもなると言う

使用水量も全く外に排水せずに循環再利用していくと言う事です。


高度成長期に各地で起きた公害問題は、処理技術の発達によって、

汚染物質の排出は減ったものの、

未だに残っている国への補償問題など経済の発展と共に残してきた

汚点も多いのではないでしょうか。


今、また心配なのは、高度成長を続ける中国の汚染問題。

大陸からの影響と言うのは、”黄砂”で実感出来ますが、

中国内の工場で排出された汚染物質は河川を伝って

海に流れ着き河川流域の農産物や海洋生物への

影響も懸念されます。


その農産・海産物が輸入されて

スーパーの食品売り場に激安価格で並びます。

汚染されたものが売り場に並んでいるとは

思いたくはありませんが、

”安心”して手にとる事が出来ないのも事実です。


かつての日本の高度成長期の”汚点”を教訓に

開発されてきたシャープ液晶工場のような汚染物質処理技術を

隣国に上手に伝える「すべ」は無いのでしょうか?
桂 宏保さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (1113)
このエントリのトラックバックURL
http://www.kenko-1.jp/modules/weblog/weblog-tb.php/25
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
■ 検索
■ ストレス対策
ストレスとは何か?からストレス解消法まで少しづつ情報をUPしています

ストレスあれこれ ストレス対策・対処法
■ カテゴリ一覧
■ 通販法に基づく表示



通販法に基づく表示