■ 健康一番メインメニュー
■ 話題のアイテム
■ 桂の旅行・アウトドア体験記
北へ!南へ!東へ!西へ!
旅行記やアウトドア体験記を
おかおもしろく?掲載中!!


東西南北見聞録
■ 沖縄で健康生活?!
癒しの沖縄で働く・・・
沖縄でのお仕事探しは、
サポートラインにおまかせ!↓


サポートライン
うぇブログ - 桂 宏保さんのエントリ
 桂 宏保さんのエントリ配信

2006/06/14
環境に優しいディーゼル車

執筆者: 桂 宏保 (2:52 pm)
きれいな「ディーゼル車」

 ダイムラークライスラーは13日、日本で今秋発売する新型ディーゼル乗用車「メルセデスベンツ E320CDI」を公開した。ディーゼル乗用車は、欧州では燃費の良い環境対応車として人気が高いが、日本では黒煙、騒音、窒素酸化物など、かつての「負」のイメージが根強く、ほとんど普及していない。日本で、“ディーゼル復権”の糸口となるか、ベンツの成否を他社も注視している。
(読売新聞 6月14日)



 私もかつては、商用車などで利用していたディーゼル車ですが、

黒煙や騒音など、近隣の人の目を気にしながら利用していた事を思い出します。

トラック等ではいまだに多く見かけるディーゼル車も、

乗用車となると、確かに遭遇する事は“まれ”の様です。

紙面のデータも示していましたが、

欧州では乗用車の新車販売にしめるディーゼル車の割合は50%に迫る勢いで、

日本の0.04%とは、かけ離れています。

欧州で普及が進む要因の一つは、二酸化炭素排出量がガソリン車に比べ、

三割ほど少ない事が挙げられるようです。

逆に、日本で普及しない要因は、かつての「負」のイメージと、

メーカーの開発費増大が挙げられるようです。

もっとも、日本のメーカーは、「ハイブリット」の開発に力を注ぎ、

市場にも多く投入してきた事で、二酸化炭素排出量は抑えられているとも言えます。

ディーゼル車がかつての“汚名”を返上でき、市場がそれを望めば、

私たちの選択肢も増えるのですが・・・。
桂 宏保さんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (1135)
このエントリのトラックバックURL
http://www.kenko-1.jp/modules/weblog/weblog-tb.php/37
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
■ 検索
■ ストレス対策
ストレスとは何か?からストレス解消法まで少しづつ情報をUPしています

ストレスあれこれ ストレス対策・対処法
■ カテゴリ一覧
■ 通販法に基づく表示



通販法に基づく表示