健康一番

ヒートアイランド対策 建物を冷やすコンクリート

投稿日時 2006-9-26 16:26:41
執筆者 桂 宏保
屋上に敷き詰めるだけで
建物を冷やす効果の有るコンクリートが開発された。

一度雨が降ると、約10日間は
“打ち水効果”の原理で屋上を冷やしつづけると言う物で、
この夏の実験では、天井裏の温度も5度下がる事がわかり、
一般に行われている屋上緑化計画の半分のコストで、
ヒートアイランド対策ができる。

この保水性コンクリートは吸い込んだ雨水を少しづつ蒸発させる為、
日照りが続かない限り打ち水はいらず、冷却効果を保ちつづける。
また、冬は断熱材の役目をはたし保温効果も期待できると言う。


現状の屋上緑化では、コストと維持費がかかるために
二の足を踏む企業やビルのオーナーも多いだろうが、
保水性コンクリートは半分以下のコストで
しかも維持管理の手いらずと来れば、
採用されやすいのではないか?。

開発が進み、一戸建ての建物に使われ始める日も近い?!

2006.9.15日本経済新聞より抜粋要約

関連記事
ヒートアイランド現象
ヒートアイランド対策!




健康一番にて更に多くのブログを読むことができます。
http://www.kenko-1.jp

このブログのURL
http://www.kenko-1.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=61